★自由に自分らしく働く為のお役立ち情報を発信します★

自由な働き方ができる外資系企業の難しさ

女性の社会進出や価値観の多様化などの影響で、時短勤務や在宅勤務など、働く場所や時間を選ばない自由な働き方が出来る会社が増加している。特に自由でフレキシブルな働き方が期待できるのが外資系企業で、家族・恋人との時間や、趣味の時間を確保したくて外資系企業に転職する人も多い。なぜ外資系企業は働き方の自由度が高いのかというと、海外の企業にはワークライフバランスを大切にする企業が多いからだ。そのため、残業も少なく趣味や家族・恋人との時間が確保できて、働く時間も場所も自由に決められる働き方が出来るのだ。

ただ安易に外資系企業への転職を決めるのは注意が必要だ。海外の企業は、日本の企業とは異なる難しさがある。外資系企業の難しさの一つが成果主義。確かに海外の企業にはフレキシブルな働き方ができる会社が多いが、成果をキッチリと出さないとリストラされるリスクがある。つまり「自由に働くのは結構ですが責任を持って成果を出してください」というのが外資系のスタンスなのだ。また、勤務時間内に仕事が終わらなかった場合、日本の企業では終わるまで残業するのが一般的だが、外資系企業には残業が不可能な企業が多い。これは文化の差でもあり、日本では長時間働くことが美徳とされる傾向があるが、外資系企業は勤務時間内に仕事を終わらせることが重要視され、残業すると仕事ができないと思われる。

つまり、働く時間も場所も自由に決めた上で勤務時間内に仕事を終わらせる為には、自己管理と効率性が求められるので、日本の企業とは異なる難しさがあるのだ。このように外資系企業は自由な働き方が出来る分、勤務時間内で成果を求められるという難しさがあるので注意が必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カレンダー

2017年7月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ